負けにくい馬券の買い方を伝授します

lei1049-s私がお勧めする馬券の賭け方のコツは、ずばり「単勝と複勝をペアにした買い方」です。(以降、単複)

単複馬券を買う対象の馬は1頭のみです。

私がなぜこの馬券購入法をお勧めするのかというと、男性は単勝1点買いという夢やロマンの馬券を買う人が多いと思いますが、女性は堅実で現実的な方が多いです。

ですので、常に複勝で3着以内に入れば損することはないという保険を必ず用意しておいて、予想した単勝を当てるという手堅い勝負の方が女性には向いていると思うからです。


point1ベストな馬券購入方法


負けにくく勝ちやすい馬券購入法を考えた場合、おそらくこの購入方法がベストでしょう。

単勝だけではダメ」なのです。

競馬では1着に来る馬を当てるのが難しいというのは、WIN5を当てるのが難しいのと同じ理屈です。
人気も実績も断然の1番の馬であっても、スタートを失敗したり、展開が合わなかったり、不利があれば2着にも3着にもなってしまうことはあるのです。

だからといって「複勝だけでもダメ」なのです。

複勝だけでは大きな利益が見込めません。
やはり複勝は賭け金全額の補填ができる保険で、単勝が当たった時の利益がそのまま収支のプラス分になる買い方であるべきです。

そこで、単勝と複勝の購入割合なのですが、前述したようにオッズを見て複勝で掛け金全てが取り戻せる金額を掛けていれば、単勝はいくらであっても良いです。


point2単勝と複勝の割合


ただ、大体の目安として考えるのであれば単勝1に対して複勝2くらいが良いかと思います。
ただ、オッズが割れているときであれば良いのですが、断然の1番人気になっている馬で単複買いをするのはやめましょう。

その理由も前述したように、断然の1番人気であっても何かしらの理由で負けることは競馬では当たり前のことなのです。

要は単複馬券の場合、1着でなくても3着までに入れば損することはないので、1番人気以外で3着までに入る馬を探した方が、1番人気の馬に人気っが集中すればするほどオッズが魅力的になります。

ぜひ1度この買い方を試してみてください。

競馬予想の基礎知識

kyosouJRAの1、2年ほど前の決算では、日本に於ける競馬人口は約568万人と報告されています。
馬券購入金額は1人当たり年間にして、平均11万円弱になる計算です。

その中の約5%程度が勝ち組と呼ばれ、千万単位、億単位の金額を手にしたラッキーな人たちも含まれているのです。

競馬で勝ち組になるには、高度な専門的な知識が必要不可欠と言われています。
昨今、ネットで競馬予想サービス会社が競馬に関する様々な情報を提供していますが、情報を利用する側に基本的な知識があれば、ある程度、その情報の信憑性を見抜けますし、価値あるものかどうかの判断もつきます。

更にその利便性の高い情報を活用して切磋琢磨すれば、競馬予想で資産を生み出すのも、決して夢で終わる話しではないのです。


point1JRAで学ぶ


初心者の人にお勧めの競馬のイロハは、先ず、競馬新聞に慣れ親しむと同時に、JRAの運営するサイト、「ビギナーズクラブ」で楽しみながら、基本的な競馬学を学びましょう。

無料サイトですから、利用しない手はありません。
ゲーム感覚で、競馬予想が体験出来たりしますので、面白いのではないでしょうか。
又、競馬予想サービス会社の中には、初心者向けに、無料で利用出来るサービスを提供している所もあります。


point2競馬予想の活用


数回、或いは短期間の期間限定ですが、信頼出来る業者でしたら、「競馬予想」を試してみては如何でしょう。

私が参考にしているのは大川慶次郎メソッドの調教コラムです。
きっと、いい情報源になる筈です。


point3競馬場に行く


時間的に都合が付く様でしたら、実際に「競馬場」を訪れて雰囲気を見て、競馬予想を学ぶのも一つの方法です。

ネットでは実感出来ない沢山の魅力に気付かせてくれるかも知れません。
いずれにしましても競馬はスタートが好調でも、最後のゴールまでどんなどんでん返しが待っているか、予想が付かないのがこの業界の常です。

それでも競馬予想の必勝法を諦めず、探究し続ける努力の先には、きっと明るい未来が開ける筈です。

競馬予想でプラス収支が出た方法

cl1401_om_331-s今、競馬をする女性が増えています。
どちらかというと男性の娯楽というイメージが強かったですが、女性も社会でお金を稼ぐようになり競馬を趣味にする人が増えてきました。

競馬をするのであれば馬券で勝ちたいものですが、なかなか的中せずにプラス収支を出せていない人がほとんどです。
では、競馬で勝つのは無理なのかというとそんなことはありません。

競馬で勝っている人は少ないですが確かに存在しています。
そんな私も競馬で数年前まではマイナス収支だったのですが、ここ最近プラス収支を出せるようになりました。

そこで、今回は私の馬券で「プラス収支を出した方法」を紹介します。


point1失敗例


まず、以前までの私は馬券を購入するときに競馬新聞を買って予想していました。
そして、競馬を予想するプロ達の予想や情報を参考に馬券を購入していたのです。

しかし、結果はいまいちでプラス収支になることはありませんでした。
競馬を予想するプロ達の予想はそれなりに参考になるのですが、それはオッズに反映されてしまって的中しても儲からないということになってしまうのです。

だから買っても収支はマイナスでした。
なんとかプラス収支にするためにはどうしたらよいかを検討した結果、私は競馬新聞での予想をやめました。


point2成功例


そして、始めたのが「ターゲットフロンティア」というパソコン上で使用できるソフトです。
これは「JRA-VAN」のホームページからダウンロードできて、データを購入すると簡単に出走表や戦績などが取得できるようになっています。
これを使って予想することにしたのです。

これには、競馬予想の印はありません。
つまり、印にとらわれない予想ができるわけです。

各馬の全戦績が簡単に見れる上に、スピード指数というその馬の客観的なデータも網羅されているのでデータ分析にはうってつけです。
わたしはこれで、レースを深く分析するようになってからプラス収支が出るようになったのです。

競馬で勝つためには、競馬新聞の印に乗っていたのではむずかしいでしょう。
競馬の「負け組=多数派」なので、それを抜け出すには自分でデータを分析して人違った視点で予想することが必要なのです。

今までなかなか競馬で勝てていない人は、自分の視点でデータを見つめ直してレースを検討してみましょう。

サブコンテンツ
最終更新日: 2018年05月22日

このページの先頭へ