負けにくい馬券の買い方を伝授します。

a0002_001992

 

私がお勧めする馬券の賭け方のコツは、ずばり「単勝と複勝をペアにした買い方」です。

(以降、単複)

 

単複馬券を買う対象の馬は1頭のみです。

 

私がなぜこの馬券購入法をお勧めするのかというと、男性は単勝1点買いという夢やロマンの馬券を買う人が多いと思いますが、女性は堅実で現実的な方が多いです。

 

ですので、常に複勝で3着以内に入れば損することはないという保険を必ず用意しておいて、予想した単勝を当てるという手堅い勝負の方が女性には向いていると思うからです。

 

 

point1ベストな馬券購入方法

 

 

負けにくく勝ちやすい馬券購入法を考えた場合、おそらくこの購入方法がベストでしょう。

 

単勝だけではダメ」なのです。

 

競馬では1着に来る馬を当てるのが難しいというのは、WIN5を当てるのが難しいのと同じ理屈です。

人気も実績も断然の1番の馬であっても、スタートを失敗したり、展開が合わなかったり、不利があれば2着にも3着にもなってしまうことはあるのです。

 

だからといって「複勝だけでもダメ」なのです。

 

複勝だけでは大きな利益が見込めません。

やはり複勝は賭け金全額の補填ができる保険で、単勝が当たった時の利益がそのまま収支のプラス分になる買い方であるべきです。

 

そこで、単勝と複勝の購入割合なのですが、前述したようにオッズを見て複勝で掛け金全てが取り戻せる金額を掛けていれば、単勝はいくらであっても良いです。

 

 

point2単勝と複勝の割合

 

 

ただ、大体の目安として考えるのであれば単勝1に対して複勝2くらいが良いかと思います。

ただ、オッズが割れているときであれば良いのですが、断然の1番人気になっている馬で単複買いをするのはやめましょう。

 

その理由も前述したように、断然の1番人気であっても何かしらの理由で負けることは競馬では当たり前のことなのです。

 

要は単複馬券の場合、1着でなくても3着までに入れば損することはないので、1番人気以外で3着までに入る馬を探した方が、1番人気の馬に人気っが集中すればするほどオッズが魅力的になります。

 

ぜひ1度この買い方を試してみてください。

サブコンテンツ
最終更新日: 2018年05月22日

このページの先頭へ