鞍上との息がぴったりだったマヤノトップガン。

mayano

 

すっかり競馬人気も低迷してきた感がありますが、1997年はまだまだ一般紙でも競馬が取り上げられるほどの人気がありました。

 

当時、関西に住んでいた私は、春の天皇賞を楽しみにしていました。

 

サクラローレル」、「マヤノトップガン」、「マーベラスサンデー」の3強対決に沸いた一戦。鞍上も横山典弘、田原成貴、武豊と華のあるジョッキーが跨っていたことも、競馬ファンの心を掴むには十分だったのではないかと思います。

 

私が応援していたのは「マヤノトップガン」。

 

3歳で菊花賞、有馬記念を勝ち、4歳で宝塚記念を勝ってはいましたが、秋後半から今一つのレースが続くようになります。

鞍上の田原成貴はマヤノトップガンの持ち味を引き出すにはどう乗ればいいかと相当悩んだと言われています。

 

そして悩んだ挙句、導き出された答えがそれまでの先行策から一転、末脚を活かすスタイルというものでした。

 

その競馬を試した阪神大賞典を快勝、このセンスの良さ、研ぎ澄まされた勘というものがいかにも田原成貴らしく、そえに応えたマヤノトップガンも流石だったと思います。

 

そして春の天皇賞も同様の後方待機のスタイル。

最後の直線、大観衆で埋め尽くされたスタンドからまだかまだかと見ていた私の目に飛び込んできたのは、矢のようにストライドを伸ばすマヤノトップガンの姿。

 

早め先頭で押し切ろうとするサクラローレル、追いすがるマーベラスサンデーを問題にしない圧勝劇で3分14秒4は当時の世界レコード。

 

馬券が当たっても外れても満足できたレース。

友人がポツリと漏らした「いいものを見た」という言葉。

この言葉にすべてが詰まっていると思います。

 

第40回有馬記念-マヤノトップガン(ワイド画面)

 

サブコンテンツ
最終更新日: 2018年05月22日

このページの先頭へ