あたし流・占いで馬券予想

a0055_000712

 

あたし流の競馬予想法をお教えします。

 

ズバリ、「占い」で当たり馬券を当てちゃおうというものです。
ちなみにあたしは占い師でもなく、競馬評論家でもありません。
そんなに競馬も好きだったわけではありません。
そんなアタシが見つけた、難しくない当たる予想法です。
当たるもハッケ、当たらぬもハッケ(笑
気軽に読んでください。

 

まず、みなさん占いって、人並に好きですか?
女子一般レベルで構いませんよ(笑
ものすごく好きという人や凝ってますという人には、あたしの予想法は向かないかもです。

 

あと、軍資金がいっぱいあるって人や、賭け金をドカっとツッコむ人にも向きません。
大きくもうけたいという人にも向きません。
1レース数百円~数千円くらいの人で、損をしたくない、小さく儲けたいという人に向きます。
だって、あたし(お給料少ない・涙)がやってて見つけた予想法なんだもん。

 

ここで、馬券の基本的なコトをおさらいします。
念のため、ね。

 

枠番……8つの枠に馬を割り当てた番号。枠ごとに色が決まっている

 

とりあえずはこれだけです。
え? と思うかも知れませんが、説明を先に進めます。

 

さて、占いの話ですが。
みなさん、好きな占いコーナーってありませんか?
あればそれで。
なければ、比較的自分が目にしやすい媒体、例えばTVでも、スマホでも、愛読雑誌でも。
できれば3つくらいあると良いです。

 

占いには大体ラッキーカラーがあります。
ピンと来たかもしれませんが、早とちりしないでね。
このラッキーカラーと『違う色』の枠番を買います。
3つくらいの占いと見ると気づくと思うのですが、3つともラッキーカラーは違う色なんです。
占いの方法が違うというのもありますが。
そして、ラッキーカラーで買うと大体はハズレます(笑

 

ここ大事です。
ラッキーカラーで買うとハズレる」ということは、それ以外の色がアタル確率が高いということです。
あたしはこの法則に気づいた――何度も泣かされてから――ので、自分に合う占いを見つけ出して、色で馬券を買うようにしました。
ギャンブルでは「逆張り」というそうですが、この用語は後から知りました。

 

あたしの場合、この予想法で買った馬券は1年間トータルでプラスです。
よければ試してみてください。

サブコンテンツ
最終更新日: 2018年05月22日

このページの先頭へ