奇跡の末脚2世キズナ

kizuna

 

ダービーでさすがと「ディープインパクト」の2世と思わせる走りを見せた「キズナ」。

あのような直線での末端を繰り出せるのは、あの親の血筋だなと思わせるものでした。

 

ダービーにしては珍しく、前走がGIではない馬が一番人気になった2013年の日本ダービーでした。

その前の2レースの走りから東京競馬場向きの脚質に切れ味を持っており、このレースでも期待するところは大きかったですが、やっぱりやってくれました。

 

今年6月の日本ダービーでは、向こう正面までは最後尾につけていましたが、第三コーナー手前から徐々に始め、直線に入る前は13番手程度まで上がってきていました。

しかし、直線では前が空かなかったにもかかわらず、空いた一瞬のすきを見逃さず、素晴らしい脚を見せつけてくれました。

 

まさに親譲りの飛ぶ走りというものではなかったでしょうか。

先に抜け出した「エピファネイア」を並ぶ隙もなく交わし、親子2代にわたってダービーを制しました。

 

この馬の魅力は何と言っても末脚でしょう。また、武豊騎手が得意としていた「サンデーサイレンス」の産駒らしい末脚を繰り出します。

これも竹豊騎手の好騎乗を見せた一因ではないでしょうか。

 

とにかくあの末脚は、今後の夢を広げてくれます。

次はステップレースを使って、凱旋門賞に行くらしいですが、武豊騎手共々、世界最高峰の舞台でリベンジを果たし、頂上を掴み取ってもらいたいと思います。

 

2013年 日本ダービー キズナ 武豊

 

サブコンテンツ
最終更新日: 2018年06月25日

このページの先頭へ