馬券の組み立ては藤沢和雄調教師から

hujisawa

 

かなり前から競馬の世界では西高東低になっていました。

栗東所属の馬や調教師や騎手が一方的に活躍をしており、美浦所属は特に大きなレースでは劣勢を囲っていました。

 

ランキングの上位には必ず栗東の騎手と調教師がずらっと並んでいるという状態でした。

特にひどかったのは調教師のランキングで上位にはほとんど関東の調教師はいませんでした。

 

しかしながらその関東劣勢の中で唯一例外が「藤沢和雄」調教師の存在でありました。

一時的には数年間に渡って調教師の成績ランキングの関東関西を含めた全国ナンバーワンに輝いたくらいでした。

まさに関東の調教師の中では異彩を放っていたと言っていいでしょう。

 

もちろん関東劣勢の中で一人気を吐いていた藤沢調教師は調教方法に独特の工夫をされており、馬中心主義を貫いている人でありました。

 

そのころは関東の調教師の馬では馬券を組み立てられないことが多かったのですが、藤沢調教師と今は引退された「岡部幸雄」騎手のコンビは信頼性は抜群でありました。

関東の騎手を応援する意味でも藤沢岡部コンビの馬の馬券をずいぶん買わせてもらいました。

そしてかなりいい成績を上げたこともありました。

 

今でもかなりの好成績と続けておられるのが頼もしいですが、昔のような強烈なインパクトはなくなっていますが、それでも藤沢厩舎の馬は必ずチェックするようにしています。

 

新馬戦 サトノオー号&安藤勝己 口取り式

 

 

 

h4藤沢和雄調教師は日本競馬界の良心である。

 

 

私が好きな調教師は美浦の厩舎の「藤沢和雄」調教師です。

 

藤沢調教師は競走馬にとって勝利こそ至上の価値とされる厳しい競馬界において、競走馬に無理をさせないというスタンスの調教で数々の優秀な実績を残してきました。

 

ここでいう無理をさせないスタンスとはクラシック(3歳3冠レース)は意識せずに、古馬になってから活躍できればいいということです。

とはいえ、クラシックは平場のレースとは違って賞金の高いG1でもあり、特に東京優駿(ダービー)はホースマンたちにとって特別な意味を持つ最高峰のレースです。

 

もちろん藤沢調教師もクラシックレースに自分の手掛けた競走馬を出走させないということではありません。

しかし、他の調教師が猛烈なスパルタ調教で鍛え上げてきたのに対し、藤沢調教師の管理馬はいつもと変わらない調教なのです。

 

結果、藤沢調教師は未だクラシックレースは未勝利です。

ただ、そんな調教スタンスでも東京優駿で2着になっている馬たちもいます。

 

その馬たちは「シンボリクリスエス」と「ゼンノロブロイ」です。

 

その2頭は藤沢調教師の古馬になってからという信条を体言しています。

シンボリクリスエスは古馬になってからG1を2勝しており、ゼンノロブロイは古馬になってからG1を3勝しています。

 

現在の日本競馬は高速競馬傾向があります。

その為、レースに勝つ為に若駒のうちから負荷を掛けすぎて故障馬が多くなっているのも事実です。

 

藤沢調教師はそんな日本競馬界において最後の良心とも言うべき存在のように思います。

 

 

h4高勝率を誇った藤沢和雄調教師

 

 

最近は、ややその力が衰えてきましたが、2000年代の名トレーナーと言えば、「藤沢和雄」調教師でした。

 

私もよく競馬場に行き、馬券を買っていましたが、平場レベルのレースで藤沢調教師の管理馬が出てくると大方のレースで1~3番人気になり、圧倒的な人気になることが多かったと記憶しています。

 

特に2000年代は関東側の厩舎の管理馬が活躍しなかったということもあって、数少ない有力関東場を輩出できる厩舎の一つでした。

ただし、私自身は藤沢厩舎の管理馬を買うと、その馬券がヒットしないことが多く、馬券的には相性の良い厩舎とは言えなかったかと思います。

 

不思議なもので、藤沢厩舎の人気馬を本命にして買うと来ず、本命にしないと来るという感じでしょうか。

当たったといえば、2002年の日本ダービーで、1着「タニノギムレット」、2着「シンボリクリスエス」のぐらいしか記憶がありません。

 

しかし、馬券的には相性が良くなかったとしても、その管理馬の能力は高いものがあり、やはり日本を代表する馬を育てることができたその力量はすごいと感じています。

 

最もすごかった「タイキシャトル」や「シンボリクリスエス」など、安定して良い走りができる馬である圧倒的な強さを見せることができる調教師としての技量はさすがと思います。

 

少し管理馬の質は落ちたかもしれませんが、まだまだその力に期待しており、今後とも世界に通じる馬を育成していっていただきたいと考えています。

 

 

h4藤沢和雄調教師は世界でも通用するホースマン。

 

 

藤沢和雄」調教師といえば、国内外を問わず、一流馬を育て上げた美浦の名伯楽といえるでしょう。

 

活躍馬の挙げたらキリがありませんが、個人的に藤沢厩舎といえば、「タイキシャトル」が浮かびます。

厩舎に初めて年度代表馬の栄誉をもたらした名馬ですが、それ以上に強烈な印象を与えたのは何と言っても、フランスのGI競走を勝ったということでしょう。

 

藤沢厩舎の管理馬といえば、全体的にマイラーが多いということが特徴的です。

当然、馬の血統や性質などもありますが、馬なりでじっくり丹念に乗り込んでいく調教方針なども、そういうタイプの馬に合っているのだろうと思います。

 

タイキシャトルは、初めての海外遠征など不利な面も大きかったものの、見事にジャック・ル・マロワ賞を快勝。

同年のフランス最優秀古馬に選出されたのです。

 

その他にも「タイキブリザード」や「ゼンノロブロイ」での海外遠征、当時としては異例とも言える3歳牝馬でアメリカ遠征を敢行した「ダンスインザムード」、2008年には「カジノドライヴ」でアメリカのG2競走ピーターパンステークスを勝つなど、とにかく海外で通用する馬だと思えば、即実行に移す調教師なのです。

 

日本ではしばらく大レースから遠ざかっていますが、今年もダービーに「コディーノ」を送り込み、まだまだ馬の質が落ちたわけではありません。

また厩舎全体に流れが向いてくれば、バンバンと大レースを勝ってくれるものだと信じています。

 

 

h4私の大好きな偉大な調教師~藤沢和雄

 

 

私の好きな調教師といえば、なんといっても「藤沢和雄」調教師です。

 

岡部幸雄」が現役騎手として、藤沢調教師の主戦でバリバリ勝っていたときが一番印象的です。

 

このコンビの合言葉といえば「馬優先主義」。

常に馬がハッピーになることを考えて馬を作っていく厩舎なのです。

 

ただ、それは非常に勇気がいります。

なぜなら、馬をレースに合わせて仕上げるのではないので若駒たちが目指すクラッシックに間に合わない可能性があるからです。

つまり競馬最高峰のレースであるダービーに馬が出走すらかなわないこともあるのです。

 

ですが、あくまで馬に無理をさせずにハッピーになってもらうように調教することで古馬になってからグングン力をつけていく馬がたくさんいます。

 

例をあげると、「シンボリクリスエス」、「タイキシャトル」、「ゼンノロブロイ」などいずれも年度代表馬に選ばれています。

 

古馬になって驚くほど成長を遂げる馬が多いのです。

これは馬を大事にすること、「馬優先主義」だからこそ得られた結果と言えるでしょう。

 

海外競馬にも目を向けている調教師で、タイキシャトルでジャックルマロワ賞を制したときは感動ものでした。

 

現在でも毎年有力馬を育て上げ、トップトレーナーとしての地位は不動の藤沢調教師。

いつの日かダービーを勝つことを夢見ながらも、いつまでも馬を大切にする調教師として応援していきたいと思ってます。

 

 

hujisa

(画像出典:ウィキペディア)

 

藤澤 和雄(ふじさわ かずお)

1951年9月22日

北海道出身

中央競馬 (JRA) 美浦トレーニングセンター所属 調教師

サブコンテンツ
最終更新日: 2018年05月22日

このページの先頭へ