私の好きだった競走馬ヒシアマゾン

amazon競馬が好きな方は誰しも好きだった馬がいるのではないでしょうか。
強い馬、勝てない馬、逃げ馬、差し馬、追い込み馬など馬によっていろいろな個性があって面白いです。

 

私が中でも好きだった馬は「ヒシアマゾン」です。

 

1993年から1996年あたりの年に活躍した牝馬で、阪神3歳牝馬Sやエリザベス女王杯といったGⅠレースにも勝っています。
有馬記念であの3冠馬「ナリタブライアン」の2着になったことがあります。

 

5歳になってからは道中最後方にいて直線から追い込みをかける走り方になりました。
ジャパンカップでは直線の長い東京の府中のコースだったのですが、惜しくも届かず2着となりました。

 

このときナリタブライアンも出走していたのですが故障明けで調子を取り戻せず6着に敗れています。
ジャパンカップでもヒシアマゾンは後方からの競馬で勝ち馬のランドにあと少しというところでした。

 

勝ったレースよりも惜しくも負けた時のレースの印象が強い馬でもあります。
その後6歳になってからは出走するレースも少なくなり、なかなか勝てないようになりました。

 

1997年に引退して繁殖入りしています。
あまり活躍できる仔を出していないようで、もう年ということもあってこれからも難しいかもしれません。

 

最近の競馬では牝馬がすごく活躍していますが、ヒシアマゾンは牡馬相手に善戦してきた牝馬のハシリ的存在になっています。

 

第45回 阪神3歳牝馬ステークス 1993.12.5 ヒシアマゾン

 

サブコンテンツ
最終更新日: 2018年05月22日

このページの先頭へ