変な法則を生み出してしまったシェーンヴァルト

syenシェーンヴァルト」は2009年のクラシックに全て出走しましたが、それ以降は特に目立った成績を上げることは出来ませんでした。

 

早くから重賞を勝って期待されてたとはいえ、最後の方は往年の力も出せず障害を走っていたこともあります。

 

デイリー杯2歳Sを勝った時は、「この馬はマイルのいいところ勝つんじゃないかな…」と思って応援していましたが、残念ながら大舞台では特に目立った成績は上げられず仕舞いでした。

 

この馬には心から勝ってほしいと思ったことがあります。

それはとある法則の影響です。

 

これはネットで発見されたことなんですが、シェーンヴァルトの隣の番号が勝つというデータが多くあったのです。

 

最初は知られることはありませんでした。

しかし何度も同じようなことが発生し、とんでもない人気薄が勝ってしまうこともあったので、4歳以降は馬券を買う参考にされることがありました。

 

4歳には準オープンに降格していますが、準オープン以降も度々隣の馬が勝つことがありました。

 

引退までに法則が発生したのは述べ10回程度。この馬はデイリー杯以降は1度も勝っていません。

法則を自分で破ってほしいと思ったことが何度もありました。そして何度もチャンスがありましたが、勝てませんでした。

 

実際のところは癖が強い馬で、折り合いを欠いて惨敗なんてことを繰り返す馬です。
馬体は黒鹿毛が綺麗なんですが、実際は気性面での改善が見られず準オープンのまま引退してしまいました。

 

現在は乗馬で余生を過ごしているそうです。

ゆっくりと暮らしてくれることを願っています。

 

欲を言えば4歳で降格したときに準オープンを勝って欲しかったです。

この馬はオープンでやれるだけの力はあったのですから。

 

2008 デイリー杯2歳ステークス DAILY HAI NISAI STAKES

 

サブコンテンツ
最終更新日: 2018年05月22日

このページの先頭へ