最強の馬ゴールドシップを知ってますか?

gokd

 

ゴールドシップ」を知っているだろうか。

 

彼女はまさに最強の馬と呼ばれるのにふさわしい馬に現在なっている。
宝塚記念で勝利を収めた彼女は同世代に敵なしと言える存在になった。

 

同レースで出走予定だった「オルフェーヴル」は肺出血のため宝塚記念を回避。
その結果圧勝劇を見せ付けたゴールドシップだった。

 

ゴールドシップと言えば芦毛の馬体を思い出す。
あの目立つ毛色はレースを見ている者たちにこれでもかと言わんばかりに存在感を示す。

 

今どこを走っているのだろうか。
競馬をしていると時々応援していた馬を見失うことが多々ある。

 

しかし、ゴールドシップは常にどこにいるかがわかる。
レースを見ているとまるでゴールドシップ一頭が走っているのではないだろうかと錯覚を起こすほどの存在感だ。

 

宝塚記念では彼女のポテンシャルの高さが伺えた。
通常、ゴールドシップは追い込み馬として走り続けていた。
競馬では追い込み馬は不利とされている。

 

どんなに競走馬に力があっても展開次第で仕掛けるタイミングの良し悪しが分かれてしまうからだ。
それだけ騎手に負担がかかり、騎乗が難しいのだ。

 

しかし、ゴールドシップは追い込み馬でありながらG1を4度の制覇。
その秘訣は圧倒的馬ポテンシャルの高さにあった。

 

しかし、1番人気で迎えた天皇賞で5着となってしまった。
それは追い込み馬であるが故の不利によるものだった。
騎手の責任、そういえば話は早いがそれだけ追い込み馬の扱いは難しいのだ。

 

しかし、宝塚記念で見せたゴールドシップの脚色は違った前目で先行。
そして、いつも通りの末脚を直線で見せてくれたのだ。

 

新しい走り方を覚えた彼女はまだまだ強くなって行きそうだ。
これからも楽しみな一頭だ。

 

2013 第54回 宝塚記念 ゴールドシップ(HD)

 

サブコンテンツ
最終更新日: 2018年06月25日

このページの先頭へ