「歴代の競走馬」の記事一覧

函館記念に最後の輝きをくれたサッカーボーイ

sakka

日本がバブル景気に沸いていた頃、競馬人気も絶頂を迎えていた。 最強世代と呼ばれた1987年デビュー組は、弱かっ・・・

記録以上に記憶に残る馬・ミスターシービー

cb

強烈な個性を持つ、史上3頭目の三冠馬「ミスターシービー」。 この馬にはしびれました。   古い競馬フ・・・

鬼神の末脚、フレッシュボイス

fresyu

差し馬好きの私にとって忘れられない馬と言えば、鬼神の末脚「フレッシュボイス」です。   決してデビュ・・・

世界の舞台での走りを見てみたかった地方馬アブクマポーロ

abukuma

私の好きな馬の一頭に地方馬の「アブクマポーロ」がいます。   地方馬というのは血統などの面で中央の馬・・・

有馬記念と言えば思い出すダイユウサク

daiyu

仕事が忙しくてなかなか競馬をする時間も無くなってきましたが、それでもやはり年末の有馬記念は欠かしません。 &n・・・

牝馬って強いんだと初めて思ったノースフライト

nos

私が競馬を始めて間もない頃、先入観で牡馬ばかり買っていました。   それを覆してくれたのが「ノースフ・・・

マックイーンがいなくてもパーマーがいるじゃない!

pama

「マックイーンがいなくてもパーマーがいるじゃない」   私の記憶に間違いがなければ、そうコメントした・・・

念願の高松宮杯勝利ナイスネイチャ

nais

ある馬の高松宮杯での久しぶりの勝利を見て、どのレースよりも嬉しかったのをよく憶えています。   その・・・

善戦マンマニアなら知っているロイスアンドロイス

rois

何年かに一頭は「善戦マン」と呼ばれるサラブレッドが登場します。 けして勝ちきるシーンは見られないもののファンが・・・

名前に惚れました!!ダイタクヤマト

daitaku

この馬は名前が気に入って買いました。   その名は「ダイタクヤマト」です。   2000年・・・

追い込み一閃!!でも2着ツルマルボーイ

turumaru

私の好きな競走馬は「ツルマルボーイ」です。   好きなところはその脚質ですね。 私は指し、追い込み馬・・・

短距離の父が生み出した未完の大器、メガスターダム

「メガスターダム」が好きな理由は血統背景にあります。   父が「ニホンピロウイナー」という超短距離馬・・・

変な法則を生み出してしまったシェーンヴァルト

syen

「シェーンヴァルト」は2009年のクラシックに全て出走しましたが、それ以降は特に目立った成績を上げることは出来・・・

偉大な名馬・皇帝シンボリルドルフ

sinbori

私が初めて競馬に興味を持ったのは「シンボリルドルフ」。 皇帝と呼ばれた名馬を知ってからです。   今・・・

怪我さえなければ歴史的名馬だったかも、トーセンジョーダン

tosen

私は、2歳の頃の「トーセンジョーダン」を見ていて、私の大好きなタイプの競走馬で、すぐにファンになりました。 &・・・

万能タイプのロゴタイプ

rogotai

私の大好きな馬は、「ロゴタイプ」です。   初めて、ロゴタイプを好きになったのは、朝日杯フューチュリ・・・

華やかさもないけどアンバーライオンが好き

僕が「好き」かもしれない馬は「アンバーライオン」だ。   名前を聞いて分かる人は相当コアというよりマ・・・

オグリキャップの最大のライバルであり天才の最初の恋人でもあるスーパークリーク

kuriku

「オグリキャップ」の人気は素晴らしいものがありました。   ぬいぐるみも大人気で、「ハイセイコー」に・・・

最強の大王キングカメハメハ

king

「キングカメハメハ」を、最強馬の1頭に挙げる方も多いのではないでしょうか。   キングカメハメハの母・・・

私の好きな競走馬ユキノビジン

yukino

もうかれこれ15年くらい前の競走馬なのですが、「ユキノビジン」という牝馬がいました。   その名のと・・・

記憶に残る2冠馬サニーブライアン

sani

私は元来から逃げ馬が好きなのですが、記憶に残る逃げ馬と言えば「サニーブライアン」がいます。   サニ・・・

メジロライアンの思い出

mejiro

90年のクラシック世代から馬券を買い始めた私にとって「メジロライアン」はとても好きでありながらなかなかG1を勝・・・

牝馬を愛するきっけけになった競走馬ベガ

bega

私がまだ学生のころ、テレビで競馬中継を父親と一緒に観ていたときに「ベガ」のことを知りました。   そ・・・

私の好きだった競走馬ヒシアマゾン

amazon

競馬が好きな方は誰しも好きだった馬がいるのではないでしょうか。 強い馬、勝てない馬、逃げ馬、差し馬、追い込み馬・・・

安定した長距離馬メジロブライト

buraito

私の好きな競走馬の中でも思い出深いのは「メジロブライト」です。   当時私の主人が競馬が好きで、G1・・・

タイキシャトルを知らずにマイルを語ることなかれ

taikisya

私の好きな競走馬は「タイキシャトル」です。   その栗毛の馬体がターフを駆け抜けていく姿はまさにマイ・・・

3冠牝馬スティルインラブ

rabu

「スティルインラブ」がクラシック戦線に名乗りを上げた2003年時点で桜花賞、オークス、秋華賞の3冠を達成した牝・・・

勇気と感動を与えてくれたウオッカ

uoka

私は牝馬として64年ぶりの日本ダービー制覇の快挙を成し遂げた「ウオッカ」が大好きです。   彼女のレ・・・

アドマイヤムーンが大好きでした

adomaiya

私が今までの競走馬で一番好きなのは「アドマイヤムーン」です。   アドマイヤムーンは日本国内だけじゃ・・・

藤田伸二騎手とのコンビが印象に残るトランセンド

toran

私が好きだった競走馬は、藤田伸二騎手とのコンビでダート王の頂点に輝いた「トランセンド」です。   私・・・

私が初めて見て一目惚れした馬キョウエイマーチ

kyouei

私は初めて競馬を見たのが97年の桜花賞です。   その時1着だった馬が「キョウエイマーチ」で一目惚れ・・・

サクラスターオーが教えてくれた、競馬のロマンと厳しい現実

sakra

「サクラスターオー」が活躍する頃、「競馬はロマン」という言葉を良く耳にした。   今にして思えば、ま・・・

軽快な逃げが武器のベルカントを応援

berukant

私が、今最も応援している競走馬は、「ベルカント」という2013年のファンタジーSを勝った馬です。  ・・・

切れ味のある末脚アサクサキングス

asakusa

「アサクサキングス」についてです。 この馬の父は「ホワイトマズル」というどちらかというとマイナーな種牡馬です。・・・

女王ジェンティルドンナ!ジャパンカップ連覇という偉業

jyent

自分の好きな馬は色々います。 最近は「ハクサンムーン」とか結構的中するので好きです。   ですが、何・・・

タマモクロスの強烈な末脚

tamamo

私の好きな競走馬、それは「タマモクロス」です。 もう何年も前の競走馬なので、ご存知の方は限られてくると思うので・・・

不器用な競馬をして頑張る牝馬のデニムアンドルビー

denim

私が応援している競走馬は、今どき珍しいくらい不器用な競馬をして頑張る牝馬の「デニムアンドルビー」です。 &nb・・・

何時か大穴をあけてくれると信じていたウインクリューガー

uink

「ウインクリューガー」と言えば、あの「ディープインパクト」と血統背景が似ていることで知られています。 &nbs・・・

奇跡と勝利の喜びを教えてくれたウイニングチケット

uinin

1993年5月30日、東京競馬場。 上京して独り暮らしを始めて間もない私は、職場の先輩に連れられて「第60回日・・・

私が名馬になる予感を感じたロードカナロア

rodo

私が好きな競走馬は、今や世界のスプリンターとしてその名を轟かせている「ロードカナロア」です。   私・・・

ダート界の新星となるかホッコータルマエ

hoko

私が「ホッコータルマエ」を応援するきっかけになったのは、3歳の端午ステークスです   このレースで3・・・

父母が日本で活躍した名馬であるエピファネイアが好き

epi

私が好きな競走馬は、2013年の菊花賞を勝ち、やっとGⅠのタイトルを手にした「エピファネイア」です。 私は、こ・・・

瞬きしないで見ていた電撃の6ハロン・サクラバクシンオー

sakurabakusin

  競馬のレースでスピード感が存分に味わえるのがスプリント戦、今なら新潟の直線1000mなどというプ・・・

ハヤヒデでもチケットでもなくタイシンです

taisin

  1993年のクラシック路線は3強対決と呼ばれました。   「ビワハヤヒデ」、「ウイニン・・・

見れなかった思い出の有馬記念トウカイテイオー

toukai

  1993年の暮れの中山、有馬記念を制したのは「トウカイテイオー」でした。   デビュー・・・

世界へ羽ばたいたサンデーサイレンスの遺伝子

sande

  私は「サンデーサイレンス」という競走馬が大好きです。   今はもう他界してこの世にいま・・・

短距離で素晴らしい切れ味を示したデュランダル

dyurandaru

  短距離で素晴らしい切れ味を示した馬と言えば「デュランダル」ではないでしょうか。   寂・・・

ホクトベガという競争馬が好きでした

hokuto

  私は一時期競馬にハマっていました。 当時はまだ学生でしたので、競馬でお金をかけて楽しむということ・・・

思い出のメジロマックイーン

mejitro

  私が最初に好きになった馬は「メジロマックイーン」でした。 競馬を始めたのが「オグリキャップ」ラス・・・

芦毛なのにクロフネ

kurohune

  外国産馬のクラシックへの出走が解禁された年にデビューしたのが「クロフネ」です。   名・・・

サブコンテンツ
最終更新日: 2018年05月22日

このページの先頭へ